2018年10月26日金曜日

仕事と作業




「あなたは仕事をしていますか?。それとも、あなたは作業をしていますか?」・・・
最近のいくつかの研修で話題になりました。
この提起を受けて、仕事と作業って何が違うのかについて論議が始まります。

「どう違うんだろう?」
「作業は、仕事の一部分だと思う。」

なるほど、そうだ。

「仕事は大きなもののような気がする。」

これも分かる気がする。

「ここの作業所は、『B型作業所』と呼ばれているけど、利用者の皆さんは『仕事に来る』と言っている。」

フム、フム。日程表のなかの記述は「作業」となっているが、職員と利用者の認識の違いだろうか。

「仕事は、目的・目標があって、それを実現する具体的な課程が『作業』ではないだろうか」

徐々に、正解にたどり着いているような感じもあるなァ。

そうだ、以前の研修で触れた話がある。

そのお話し「お城と石工」。

ある現場で、3人の石工が作業をしていた。

そこへ現場の様子を見に来たお侍が、3人の石工にそれぞれ尋ねた。


お侍「お前は、何をしているのか?」



石工A「見りゃあ分かるだろう。石を積んでいるんだ」


石工B「私は、石垣を造っていますよ」


石工C「私は、お城を造っているんです」と。


あなたは、仕事をしていますか。それとも・・・・


2018年9月28日金曜日

“どアホノミクス”と425兆円超

「どアホノミクスの正体」(佐高信、浜矩子:講談社+α新書)を読んだ。
この本は、経済評論家の佐高信氏と同志社大学大学院ビジネス研究科教授、エコノミストの浜矩子氏の対談として出版されたもの。内容は、安倍政権の政策の分析から、アメリカにおけるトランプ政権の成立とその本質、経済活動や通貨、マルクスの「資本論」と現代、「反格差」「反貧困」、安倍晋三の目論見、アベノミクスとどう対峙するかはなど多岐にわたる対談である。
この本では多くの示唆を受けた。
特に、国内におけるアベノミクスについて「アホノミクスは戦争国家をつくる政策である」と分析し、その具体的な「三本の矢」政策が必ずしも成功していないが、それでも「GDPを600兆円にまで増やす目標」は「国防費を増や」し「軍事化」を狙うもので、そのために、“通貨の番人”である中央銀行・日銀の性格まで捻じ曲げている実態、その結果、日銀の国債保有率は、41.14%にまで膨れ上がり増え続けている。



これは、国の借金を、国が日銀に命じて(のために政府の意に従順な総裁を据え)、お札をどんどん増刷し、国債を引き受けさせ、その結果、金融政策との辻褄が合わなくなっているのに、何が何でもGDP600兆円の目標の達成をと突き進んでいる。
なるほど、自分で勝手にお札を印刷して、それを、政府が勝手に使うという何でもありの仕組なんだ。こんな、まやかしがまかり通っているのか。
そんな思いで、この本を読んでいると、財務省が、2017年度の法人企業統計によると大企業(資本金10億円以上)の内部留保が425兆8000億円超と発表した。しかも、2016年より22兆4000億円も増えている。
アベノミクスでは、トリクルダウン(大企業の富が中小企業、ひいては従業員に滴り落ちる)としてきた。
しかし、大企業は、国の一般会計予算97兆7000億円(平成30年度)の22%を超える内部留保を増やし、4倍以上もため込んでいる一方で、従業員の賃金は、2016年度に比較すると、年間54000円の減額になっている。
従業員には、トリクルダウンどころか、マイナスである。

なるほど、これも”どアホノミクス”がいう、ごまかしの一面か。

この国の仕組は、ますます逆立ちした構造になっている。




2018年3月23日金曜日

“忖度”と“諂う”


“僕”が突然有名になってから1年。
当時は、“僕”の漢字を書くことができなかった人でも、今は、多くの人が“りっしんべんに寸”と知っている。
2017年の流行語大賞にも選ばれた。

“僕”を突然有名にしたあの方は、昨年の7月に“詐欺罪”で逮捕拘留され、230日以上、異例の接見禁止が続いている。
10月には衆議院選挙も行われ、政党の離合集散もあり、与党が大勝した。
“僕”の周りは、少し静かになったかに見えた。

しかし、年が明けて、“僕”の周りは再びざわついてきた。

今度は“決裁文書の改竄”が大きな問題となり、“僕”が再び注目されている。

国会に提出され、論議されてきた国の決済文書が改竄(かいざん)されていたというのだ。
この1年、“忖度”を否定し、「森友学園」への国有地売却の値引きの経過等の「決済文書を廃棄した」と、官僚が、国会で強気の答弁を行っていたのにだ。
さすがにこの官僚は辞任して退職した。

また、「森友に関わったのでは」と言われる、いわゆる「夫人」は、こっそりとfacebookに「いいね」を送っている。
その「夫」は、国会で「夫人は関わりないと言っている」と答弁し続け、もともと利害関係者である「夫人」にも関わらず、無意味な答弁だと分からないはずもないだろうにだ。

“僕”は考えた。
決済文書の改竄(かいざん)は、日本国中に疑問と怒りの声が拡がり国会前も連日、騒然としている。
この決済文書の改竄(かいざん)や国会軽視の姿勢、これは、「権力の顔色を窺って、特定の利益のために行動をとる」ことで「諂う(へつらう)」ということがぴったりする。
本来の“僕”は「人の思いをおしはかる」ということであり、こうしたこととはまったく違う意味だ。

決済文書の改竄(かいざん)によって何が隠され、国会で1年間の論議は何だったのか。真相の究明を期待したい。

2018年1月29日月曜日

2018年 古稀を迎える

2018年となった。私は今年、古稀を迎える。
終戦から3年、昭和23年に生まれ、いつの間にか70歳になる。
古稀は、中国唐代の詩人・杜甫の『曲江詩』の詩句

朝回日日典春衣,每日江頭盡醉歸。
酒債尋常行處有,人生七十古來稀。
穿花蛺蝶深深見,點水蜻蜓款款飛。
傳語風光共流轉,暫時相賞莫相違。

「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である)に由来するという。
唐の時代には、70歳で“古来稀”であったのだろうが、私は、いつの間にか70歳を迎える。
最近の私は、杜甫ほど、飲み歩くことも少なくなった。
別の先人、春秋時代の中国の思想家、哲学者、儒家の始祖、孔子(紀元前552年~紀元前479年)の教えをまとめた論語では、
子曰く、
「吾十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑はず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順ふ。
七十にして心の欲する所に従
ひて矩を踰えず」
と説いている。
今から、2,500年も前の時代である。
心の欲する所に従いて…とは、「“心の思うままに”ものごとに対応しても、人の道に外れない」と聞いたような記憶がある。
“いつの間にか”70歳の私にとっては、もちろんだが、とてもそんな域にはない。
「天命」も知らず、「惑」いながら、「耳順」でウロウロしながら過ごしている。
さて、今年も同じだろうが、ただ、漫然とした一年とならないように心がけようと思う

2017年9月30日土曜日

“おいおい、そりゃあないだろう” 衆議院解散!

衆議院が突然解散した。

“おいおい、そりゃあないだろう”

「モリ、カケ疑惑」はどうするんだい。
「反省して、丁寧に説明します」と言っていなかったかい。
今年の流行語にノミネートされるであろう「忖度」。「9億円から8億円もの値引きをして国有地を払い下げる。」「お友だちの都合で「獣医学部」の開設の認可」の影に関与や忖度がなかったのかい。

“おいおい、そりゃあないだろう”

「今、選挙をすれば勝てる」ってことで、総理大臣が解散することができるんだって?!
何の大義もなく解散するって、それって、私物化っていうんじゃない。
こんなことが通用するの?!

“おいおい、そりゃあないだろう”

 この突然の解散に政界は“てんやわんや”の「混乱」。
新しい党ができて「しがらみをなくす」「リセットだ」と言うが、集まった顔ぶれは“しがらみ”で集まっているのではないのかい。
他の党からの離党者など離合集散が始まっているが、しょせん「当選すれば、なんでもいい」と言うのかい。

“おいおい、そりゃあないだろう”

ほんの1か月前に、代表選挙をやって再出発を公言したのに、公認候補も立てず、できたばかりの党に“踏む絵”を踏まされる卑屈さ。理念も信条もかなぐり捨てて、「当選すれば、なんでもいい」と言うのかい。

“おいおい、そりゃあないだろう”

政治家ってのは、本来、国民の福祉(幸せ)のために頑張るってことではないのかい。
国の根本を定める憲法を守るってことではないのかい。

“どうする日本”


降ってわいた「国会解散」。生かさない手はない。





2017年7月8日土曜日

“〇〇ファースト”

首都・東京の都議会議員選挙は、小池百合子都知事が率いる「都民ファーストの会」が都知事選挙以来のブームを巻き起こした。
先のアメリカ大統領選挙でも、トランプ大統領のスローガン“アメリカファースト”が耳に残っている。
三菱UFJリサーチ&コンサルティングが毎年実施している新入社員のアンケートでは、会社に尽くすのではなく私生活を重視する“自分ファースト” の思いが強い傾向があると分析している。
調査は新入社員セミナーの参加者約1300人から回答を得たもので、今年度の新入社員が会社に望むのは、給料が増えることより、休日が増えることを重視する傾向にあり、加えて、「私生活に干渉されない」ことの重要度が高まり、就業後や休日などは、仕事から離れた自分の時間を充実させたいと考えている新入社員が多いという。
この“○○ファースト”は、日本語的に言えば、「○○が一番」と聞こえがいいが、ちょっと気になることがある。
新入社員のライフスタイルとしての“自分ファースト”であれば、人それぞれと納得することができる。
しかし、“モリ”“カケ”と揶揄され、国有地を8億円も値引きをして払い下げようとしたり、名誉校長就任と形式的な審議会など様々な局面での忖度が問題となった“安倍ファースト”や、友達の獣医学部の開設に便宜を図り、事実を隠ぺいして実在する文書を“怪文書”としたりのご都合主義の“友だちファースト”は、国民の怒りの対象となっている。

こうした風を受けてブームを巻き起こした“都民ファースト”が 、選挙が終わった途端、党首がかわるなど便宜主義の“百合子ファースト”にならないかとの危惧もある。

2016年10月4日火曜日

“見守り”と“声かけ”

少年漫画雑誌で40年間連載された「こち亀」(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)が10月3日号(42号)をもって終了し、大きな話題となった。
この漫画の主人公・両津勘吉巡査は、無茶苦茶なところもあるが、その時々の時代を反映し、市民感覚と人情を備えて世俗を見つめ続けた警察官として描かれていた


福岡には、この漫画の“両さん”とは違う“名物のお巡りさん”が実在している。
それは、福岡県警・鉄道警察隊・博多派遣所の木林恵介・巡査部長である。
木林巡査部長は、朝夕、JR博多駅の博多口付近のコンコースに立ち、「おはようございます!」「お疲れ様!」「さようなら!お気をつけて!」と駅利用者に声を掛け続け、多くの人に知られている。
この木林巡査部長は、今年3月に警部補に昇進、博多臨港署に異動するまでの8年9か月、ほぼ毎日、この声かけを続けてきた。
私の仕事の一つに、「老人介護施設におけるリスクマネジメント」がある。
多くの介護施設では、介護の場面で事故には至っていないが“ヒヤリ”とした事例や“ハット”した事例が発生する。
この“ヒヤリ”や“ハット”の事例を分析し、原因を究明し、再発を防ぐための改善策などを取りまとめて“介護の質”をアップするために「リスクマネジメント委員会」などの取り組みがすすめられている。
“ヒヤリ”“ハット”の事例検討の中で「見守りが不足していた」「今後はちゃんと見守りできるようにしたい」との報告書を、度々、目にしてきた。
「確かに“見守り”が不足していたのだろう」とは思うが、“見守り”とは、ただ漫然と見ているだけではない。
木林巡査部長が朝夕、博多駅構内で“声かけ”を続け、博多駅利用者の安全を見守る姿こそ“見守り”の本質があるように思う。
“見守り”とは「相手をしっかりと受け止める気持ちを持ち、気遣い、配慮し、異変を捉え、変化に対応すること」だ。
多くの介護施設では、利用者の皆さんの病気や加齢による“身体的リスクや精神的なリスク”に向き合い、献身的な“見守り”がおこなわれている。